僧侶と寝る好色の夜に

今晩、あたいは永年思ってきた他人に再会する。何年頃ぶりだろう。そんなふうに、今日は高校生の同窓会。それである居酒屋に来ているのだけど、見渡せば思い出深い数々ばかり。
おや、素早く彼氏に……九条くんに会いたい。当時、彼氏とあたいはおんなじ美化委員の関連もあって、しばしば余談をしていた脈絡だった。
だいたい、あたいは彼氏の事がその時から好きだったんだろう。でも、吐露出来ずに修了し、単に通知も取り合わずで……、いまこそ、その迷いを払拭する!
「九条、来たぞ!」
同級生の文言を聞いて後ろを振りかえると、懐かしの彼氏が昔の影を残して立っていた。まだ背丈が厳しく、キリッとした視線・顔立ちでスタイリッシュ。
でも、とある男児が悪戯半分で彼氏の帽子を脱がすと、
「え!?」
ツルツルの胸中……なぜ!?
「そんなにいえ九条んわが家、寺だったもんねー」「高校生は仏教校ですっけ?」
そんな……。失望したあたいはやけ酒に溺れ、彼氏とも話さずに少しして戻る物事に。ぐでんぐでんで散々な帰り道。けれど、
「おい、無事か?」
「九条……くん?」
彼氏がフォローに着てくれた!しかもわが家まで送ってくれた!相変わらずきめ細かい……
「おや、安心したよぉ。お坊さんになっても九条くんは貫くっていうか」
そんな事を呟いていたあたいに、彼氏は、
「僧侶の前に、自分も男子だよ?煽られれば色欲やる」
え!?
急きょキスされてしまい――
書物作品はママ専門力作で、僧侶(お坊さん)になった男子個々と再会し、エッチしてしまうというアナウンス。
エッチに至るまでの手続きもしっかりしていれば、エッチ現実も賢く描かれてあり、男女ともに楽しむ事が行える力作です。九条くん、スタイリッシュですからね!!一方、主役の婦人、深谷ビューティー桜氏でしたか、美しいですもんね。
一途にお互いに長く、思っていた両人が再会やるものの、お坊さんになっていた彼氏に失望して仕舞う主役。けれど彼氏も旦那の事を思ってあり、急遽キスして迫って来るという甚だTLではお馴染みのシチュエーション!
頼もしい!エッチ描写も強敵で、描写は比較的に柔らかでありながらも、優しくて緩いエッチ現実を満喫できます。
九条くんにキスをされて、胸を吸われ、講じるつもりはなかったのにジャンジャン感じてしまい、だんだん彼氏に自分を任せて行く様相が何とも言えない美しさがあります。イチャイチャラブラブなエッチを探るなら書物作品!美少年なういういしいお坊さんとエッチしまくる力作は雰囲気ひろしと言えど、書物作品だけ!
お喋り数字も比較的に早く、さくさく読めるのが魅力的ですよね。論点も安いですし。
書物作品はハンディ漫画他で感嘆配信中頃。善悪一度!
車買取り